カサンドラ症候群

カサンドラ症候群とは

アスペルガー症候群の夫を持った妻が夫とのあいだで情緒的なつながりが持てないために生じるもの、主に抑うつ気分に始まる食欲不振、不眠や、自分を大切に思えなくなったり、孤独だと思ったりしてしまうものです。

この、カサンドラ症候群に関する本も出ているようで、ある本では、妻のつらい気持ちを夫がわかってくれず、さらに、まったく罪悪感さえ抱かない夫との間に情緒的つながりが持てず、抑うつ状態になってしまい、「もうやっていけない」と思って離婚を選んだそうです。

どのように考えるか

少し強い言い分に感じてしまうかもしれませんが、男女関係なく、相手が自分のことをわかってくれないと感じたとき、この現状を変えられるのはまず自分である、ということを自覚し、腹を据えるということです。 相手がアスペルガー症候群であるか否かに関わらず、相手を変えることは不可能です。 しかし、問題だとあなたが思うなら、まず、自分の思考、行動を変えてみるのはどうでしょうか。自分を変えることは、自分のことですから不可能ではないはずです。 自分の行動が変化することによって、相手の行動が変化するかもしれません。 自分の思考を変化させることによって、もしかしたらイライラすることも少なくなるかもしれません。 この思考の変化は、ただ、相手に対する期待をしない、というものではありません。 相手が「自分をわかってくれない」ことに対し、もしもわかってくれないのであれば、「こういう言い方をしたら少し伝わるかもしれない」という思考錯誤を試してみることです。

しかし、自分一人で悩みを背負い、思考錯誤をしていくにも限界があります。 その援助をするのがわれわれ専門家になります。

ご相談は常にケースバイケースです。このページでは最大公約数的な見解を書いております。個別の事例ではこれとは異なった見立てをする場合もあります。
典型事例
初めてのカウンセリング
セックスレス
不倫・浮気の問題1
不倫・浮気の問題2
未完成婚
カサンドラ症候群

お支払いについて

使用できるクレジットカード

事前にカード決済画面(@はあと・くりにっくの決済画面が開きます)で決済をお願いします。

 

面接後のカード決済も可能になりました。

VISA, MasterCard, Amexが

ご利用いただけます。事前決裁と若干ルールが異なりますので、カード決済のルールをご覧ください。

お知らせ

スタッフが翻訳に参加した本が出版されました

西澤の記事が掲載されました

2008年婦人公論『快楽白書

 

受付カレンダー

カウンセラー毎の予約可能日は下記とは異なります。各カウンセラーのページをご覧下さい。

大きなカレンダー