BetterCoupleの特長

カウンセラーは基本的に常勤の臨床心理士です

週一日や二日の非常勤のカウンセラーを多数集めるタイプの相談室ではありません。

基本的に常勤、基本的に臨床心理士で、かつ相当数の経験がある心理士です。

全カウンセラーが共有する臨床心理学理論(交流分析)に基づくカウンセリングをします

数多くのカウンセラーを集めると、理論的な背景を統一するのが難しくなります。しかし、クオリティを維持するためには統一した理論的背景が必要であるとBetterCoupleは考えます。

私たちはさまざまな理論を使用しますが、統一した背景として交流分析を用いています。

夫婦の問題の背景にある個人の成育歴上の問題などにも対応します(心理療法)

夫婦の問題は基本的には関係性の問題であると考えていますが、そのことがわかれば解決するというものばかりではありません。関係性の問題が発生する背景には、それぞれの個人的な問題が存在することも少なく ないからです。

なぜなら、人は子どものころ、親との関係を最適化するためにコミュニケーションや対人関係のパターンを発達させてきているからです。そのやり方が大人になった今(そしてとくに配偶者に対して)、必ずしも最適であるとは限らないのです。

医療機関からのご紹介や医師の先生ご自身のご相談も多数お受けしております

医療機関からのご紹介をお受けすることのほか、精神科の先生を含め、医療職の方も多数おいでいただいております。

土日や夜間も面接可能です

できる限り、おいでいただきやすくするために、土日や夜間(21時まで)もカウンセリングをお受けしております。

英語でのカウンセリングをお受けします

BetterCuopleのカウンセラーは全員米国で研修を受けています。英語でのカウンセリングができる英語に堪能なカウンセラーもおおります。お気軽にご連絡ください。

なお、英語のページをご覧になりたい方はこちらをご参照ください。

 
BetterCoupleの特長
カウンセリングの特長
ワンポイント
調停との違い
離婚相談との違い
医療機関との違い

お支払いについて

使用できるクレジットカード

事前にカード決済画面(@はあと・くりにっくの決済画面が開きます)で決済をお願いします。

 

面接後のカード決済も可能になりました。

VISA, MasterCard, Amexが

ご利用いただけます。事前決裁と若干ルールが異なりますので、カード決済のルールをご覧ください。

お知らせ

スタッフが翻訳に参加した本が出版されました

西澤の記事が掲載されました

2008年婦人公論『快楽白書

 

受付カレンダー

カウンセラー毎の予約可能日は下記とは異なります。各カウンセラーのページをご覧下さい。

大きなカレンダー